喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

撮影機材

写真撮影に自作のレフ板のススメ、作り方などを紹介

更新日:

撮影機材に「あんまりお金をかけたくない」って思っていた時期があって、そのときに自作した「レフ板」を紹介したいと思います。「レフ板」ってのは、いろんな光を調整するために役立ってくれるアイテムで、これのおかげで写真における「ハイライト」や「シャドウ」を操ってくれるんですよね。

この「自作したレフ板」以降、お金をためていろいろな撮影機材を買ってきましたけども、まだまだこいつの出番はあって、「とりあえず一つ持っておくと使えるレフ板」として存在しています。

正直「買ったほうが丈夫でちゃんとしている」のは確実なのですが、自作なので「好きな大きさで、手軽に」作れるって反面もあるんですよ。そんな「自作レフ板」を紹介したいなと思います。

過去の僕みたいに「あんまり撮影機材にお金をかけたくない」って人や、「撮影機材を自作してみたい」って人に読んでほしなと思います。

スポンサーリンク

光を操る、撮影時に役立つ自作レフ板の作り方

まず、自作レフ板を作るのに必要なアイテムをご紹介します。ぶっちゃけこれらは家にあったので僕にとってはほぼ無料でしたが、普通のレフ板を買うよりは確実に安いアイテムです。

自作レフ板を作るために必要なアイテム

  • 大きめのスケッチブック(白)
  • 黒い画用紙
  • アルミホイル
  • 接着させるためのノリ

察しが良い人は、この材料を見ただけで「なるほど」と思えるはずです。それぐらい自作レフ板の作り方は簡単です。

スケッチブックの「白い紙」自体を「白レフ」として、黒い画用紙をそれに貼り付けて「黒レフ」、そしてアルミホイルで「銀レフ」を作ってしまおうってことです。

そんなこんなで出来上がった自作レフ板はこちらになります。

ノーマルレフ板.普段はコレを使うよ!

デフォルトの「白レフ面」

レフ板黒.黒い画用紙を貼っただけ.

スケッチブックの見開きに「黒画用紙」を貼り付けた「黒レフ面」

アルミホイルレフ板.キラキラだよ.

そして、クシャクシャにしたアルミホイルを貼り付けた「銀レフ面」



はい…ってことで、かなり簡単な作りですが、これが僕が使っていた自作レフ板です。材料はすぐ手に入るし、すぐ作れるってのがポイントですね。それでいて実際に「レフ板」としての効果があるんですよね。

ぶっちゃけ揃えようと思ったら100均でもすぐに手に入りそうなアイテムばかりですけど、しっかりレフ板として機能してくれます。

こいつの何が良いのか?それは「スケッチブック」ってことで「ブックタイプ」になるから「立てて利用できる」って点ですね。テーブルなどに立ててレフ板として使って、「物撮り撮影」でも使えるってことです。

レフ板の詳しい使い方については今回は割愛しておきます。

色味があるので注意

実は、「白いスケッチブック」といっても「いろいろな白」が存在していて「青み」がかっていたり、「ちょっとオレンジ」っぽかったりと、あつかっている」メーカーによって「白色」が様々あります。

「どうせRAWで現像するんだからそんなことは気にしない」って人ならそれでいいと思うのですが、それがやだなーって人にはもうひと工夫必要です。

(「ブックタイプ」で立てて便利に使えても、色が違ったらアレなんですよね。)

なので、そういう人は「ケント紙」ってのをスケッチブックに貼り付ければ良いのです。ちゃんとしている「ケント紙」ならある程度いい感じの「白」が約束されていますからね。

『ケント紙』を今すぐチェック

スポンサーリンク

自作レフ板を作ってみよう

撮影機材を買い漁った今でもたまに活躍する自作レフ板の紹介でした。作ったレフ板を実際に使ってみて、「ちゃんとしたレフ板やっぱほしいな」ってことで今ではいくつか家にレフ板が存在します。それでも「ブックタイプ」で立てられるとかは結構重宝するので、おすすめであるのは確実です。

もちろん、「レフ板」は買っちゃえば良いのです。持てる財力を使って「買っちゃおっかな」でレフ板を買う選択もありです。

あくまで「自作していた」のは「学生時代」ってことです。

いや、でもやっぱ自作してみたほうが良いかもしれない。「あぁ、紙の色でハイライトが変わるんだ」とかが理解できるので、それはそれで学びにつながるかもー。

ってことで、やっぱ自作レフ板作ってみてください!

ちなみに、こういったタイプがおすすめです↓


Momentを手に入れるならこのショップ!

-撮影機材
-

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.