喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

撮影機材

撮影機材のキャリーバッグはこれにした

投稿日:

先日、撮影機材のキャリーバッグが欲しくて、いくつか製品を列挙したのですが、その中からではなく新たに見つけたキャリーバッグを手に入れました。

撮影に持って行くべき機材を考えたとき、「そんなデカイもの要らないよね?」と思い、ちょっとだけスリムでお財布にも優しい物にしました。

かといって、衝撃に弱くちゃアカンので、ある程度クッション性のあるキャリーバッグです。

プロではないけど撮影機材のキャリーバッグが欲しい
プロではないけど撮影機材のキャリーバッグが欲しい

撮影の機会を頂くにあたり、機材の持ち運びに撮影機材用のキャリーバックが気になりました。なのでいくつか安めのキャリーバックを列挙してみたのでご参考にどうぞ。

続きを見る

最終的にはコチラの記事で上げたモノを手に入れませんでしたが、ご興味ある人は見て上げてくださいね。

ってことで、手に入れた撮影機材を入れるキャリーバックについて、実際に使ってみて割と良かったのでご紹介します。

スポンサーリンク

撮影機材を入れるキャリーバッグ

今回手に入れた製品が何故かAmazonからは無くなっていて(在庫の関係?)それと同等のページで販売されていたのが上記のモノです。なので記事で紹介するいくつかの機能が無いかも知れません。

Sutekusというブランドのキャリーバッグで、三脚などの撮影機材から楽器や長いモノを安全に運搬できちゃうキャリーバッグって感じです。なんか防水らしい。

1cmと分厚めのクッション素材が入っていて、耐衝撃はけっこう有りそうだなと思ってます。(衝撃性はためしてません)

ボクが選んだのは110cmのものが入るタイプでした。というか持っている撮影アイテムの最大が110cmだったので、そのサイズにしました。

ちなみに、ラインナップされているサイズは60cm、80cm、95cm、100cm、110cmとそれぞれあるみたいです。また、その長さによって直径も違うようです。

あと、現在購入できないみたいですが、ボクが購入したのを一応コチラに紹介しておきます↓

ちなみに現在在庫が無いので観れないですが、4,000円以下で手に入れられました

撮影機材としてもってったキャリーバッグ

Camerabagkorenishita 243A9238

ってことで、キャリーバッグを写真で紹介していきます。

こんな感じで持ち手があるタイプのキャリーバッグで、持ち手以外にもう一つ引っかけがあります。

Camerabagkorenishita 243A9249

もう一つの持ち手になる部分、けっこう長めに作られています。

コレのおかげで、肩にかけれることも出来ますし、リュックみたいに背負うことも出来ちゃいます。キャリーバッグとしてありがたい仕様です。

※先のリンクだとこの持ち手の製品がないからやっぱこれは特別みたい

中身はこんな感じ

Camerabagkorenishita 243A9241

ってことで、大きなジッパーを開けてみました。

中にごちゃごちゃ入ってますけど、内ポケットが二つあるんでライトスタンドとかを分けることが出来ちゃいます。

ちなみに中に入ってるのは、ライトスタンドや三脚、アンブレラやトレーシングペーパーなどなど様々なモノを入れちゃえてます。

Camerabagkorenishita 243A9243

Camerabagkorenishita 243A9244

内ポケットはけっこう広めに作られています。

ライトスタンドは内ポケットに2本ほどそれぞれ入ります。ボクは傷を付けたくないので二つのポケットにそれぞれ入れちゃってます。

撥水加工らしい

Camerabagkorenishita 243A9245

バッグは防水らしく、撥水加工な素材で覆われています。コレのおかげでクッションも相まってけっこう丈夫な感じになってると。

底面の部分はしっかりしている

Camerabagkorenishita 243A9247

立てかけると底面に当たる部分は、ジッパーが閉じられておりしっかりしています。立てかけても破れるとかそんな問題なかったです。この底面部分にもクッションが入ってます。

あと、サイドのポケットがある

Camerabagkorenishita 243A9250

僕は全く使いませんでしたが、サイドに大きめのポケットがありました。厚さはそんなにないのでフィルターとかそういった薄い物を入れておけば良いのかなと。

スポンサーリンク

撮影に持っていた

Camerabagkorenishita 243A9239

ってことで、実際にコイツを持っていった感想をつらつらと。

持って行った機材は以下の通り。

実際に持って行った機材

  • ライトスタンド×3本
  • 三脚
  • トレーシングペーパー(110cm)
  • トレーシングペーパー用のポール
  • それを支える洗濯ばさみとか色々
  • アンブレラ
  • 少し大きめなストロボ(Godox AD200)

カメラやレンズ自体はさすがにカメラバックにいれますが、とりあえず余裕でその他の撮影に必要な機材は入りました。

まず、持ち手がしっかりしてるなーと言う印象。そしてカバンのクッション性がしっかりしていて、ぶつけたとしても中身は大丈夫なんだろうなーという安心感がパナイです。レビューでは「脆い」的なこと書かれてましたけど、全くそんなことは無いなーって思います。もしかしたら何かしらのアップデートがあったのかも知れません。

結果的に「あれ?コレで良かったのか」というヤツです。前の記事で上げたような大きいキャリーバッグじゃ無くて良かったみたいです。もちろん、これはボクの持ち運ぶ機材であって、他の人はきっともっと必要なアイテムも出てくるかも知れません。

それでもライトスタンドや三脚を持ち運ぶには全く問題ないなーと思いました。ぶっちゃけもう一つ欲しいなと思ってるぐらいです!



先に言ったように、僕が手に入れたキャリーバッグはAmazonからは無くなったっぽいので類似アイテムをご紹介してこの記事は終わりです。





Momentを手に入れるならこのショップ!

-撮影機材
-

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.